ホーム > かに旅 世界編 > シンガポール編

かに旅 シンガポール編

海外ではじめてかにを食べる方にとっては、シンガポールのかに料理の斬新さ、ボリューム、新鮮さに驚くかと思います。

例えば、シンガポールのローカル料理の代表の一つ、チリクラブは、スリランカ産のかに(ノコギリガザミ)が丸ごとチリソースで味付けされたボリューム満点の料理で、チリソースも残さず、揚げパンにディップして楽しみます。

また、チリクラブと人気を2分するブラックペッパークラブも黒胡椒で味付けされ、殻まで食べてしまいたいと思うほどおいしいかに料理です。

そして、チリクラブとブラックペッパークラブを制した方には、少しライトなテイストのホワイトペッパークラブや、チリやスパイスが苦手な方でも楽しめるクリーミーなバタークラブやスープでいただくクレイポットクラブなどを、オススメしたいです。

また、たいていのお店には、水槽があるのでかに好きの方は楽しいと思います♪

訪れた時間がどれも遅く、外観が暗い写真になってしまいましたm(_ _)m

シンガポールでかにを満喫したレストラン♪

01.チリクラブ発祥の店 パームビーチ

マリーナベイを一望できる贅沢なロケーション、1956年創業の老舗パームビーチでチリクラブ♪

02.元祖ブラックペッパークラブの味

ブラックペッパークラブ発祥の店、ロングビーチ。チリクラブをしのぐおいしさ!!!

03.地元一押しのノーサインボード

知り合いの地元人お勧めのホワイトペッパークラブは、ノーサインボードが一押しとのこと...

04.クレイポットクラブならココ♪

バタークラブ、クレイポットクラブなどクリーミー系テイストのかになら、超ローカルなメルビンシーフード♪

05.ジャンボシーフードへ

公式ガイドブックでも「チリクラブが絶対オススメの美味しさ」として紹介されているジャンボシーフード!

[スポンサードリンク]

かに通販【極】