韓国のカニのマリネ

韓国のカニのマリネ

カニは紛れもなく海の恵みです。豊富な身と風味豊かな味で、カニを使ったレシピが無数にあることを知っているのは驚くべきことです。このようにして、私たちはさまざまな方法でそれらを鑑賞する方法を学ぶことができます。

世界各国では、カニを使った独自のおいしいレシピを作ることができました。世界中のカニの旅を持っていることによって、あなたはこれらで作られた別の珍味を見て、味わうことができます。そのため、ここでは、おいしい食べ物がたくさんある韓国で試してみることができるいくつかを紹介します。

ケジャン

ケジャンとは、カニのマリネの総称です。韓国では塩漬けや発酵させた海鮮料理として人気があります。蟹を意味する「ゲ」と薬味を意味する「ジャン」の2つの言葉から成り立っています。今回は、そんなゲジャンを使った料理をご紹介します。

ガンジャン コジャン 

本当に美味しいと評判のガンジャンコジャンは、韓国のレストランでは高価なベストセラーの一つだ。徹底的に醤油に漬け込まれているので、一度食べたら忘れられない味になること間違いなしです。

外で注文すると高価な料理だが、家で簡単に作ることができる。しかし、これについての事は、準備が非常に多くの時間がかかるということです。それは非常に価値がありますが、あなた自身がそれを持っている後、それはご飯とペアリングした後、このおいしい25時間のレシピのより多くのより多くを求めていることを見つけるかもしれません。

材料

これを作るには、必要なものがあります。

  • 減塩醤油
  • 甘い赤りんご
  • 大きなニンニクのクローブ
  • 黒糖
  • 干し昆布
  • ジンジャー
  • 赤玉ねぎ
  • ハラペーニョ
  • アオアシガニ

ヤンニョムゲジャン(辛味生蟹

ヤンニョムのコジャンも韓国人が誇る美味しいカニ料理の一つである。この料理は、全国的には「バップドドク」や「食事泥棒」とも呼ばれている。この料理の美味しさから自動的にご飯を盗むと言われていたので、そのように呼ばれるようになった。

辛くて塩辛くて少し甘くて、この料理の味は本当に最高の組み合わせだ。蟹の身は、ガンジャン・コジャンとは違い、最初に開いてカットし、全体を浸すのではありません。また、1日以上かかる他のものと違って、1~2時間でできるので、準備が早くなります。

材料

これを作るには、必要なものがあります。

  • ごちうさ
  • 醤油
  • スープ醤油または塩 
  • 米酒
  • コーンシロップ
  • レモンジュース
  • にんにくのみじん切り
  • 搾った生姜
  • 胡麻
  • アオアシガニ

概要

簡単に言うと、これらのカニのレシピは、あなたがそれらを見逃す必要はないだろうほど素晴らしいものです 少なくとも一度は試してみて、どれだけ気に入るか見てみてください。韓国の珍味とされているカニは、韓国が誇る豊かな風味を味わってみてはいかがでしょうか。

小泉元首相をはじめ国内外のVIPが訪れる陽澄湖の上海蟹をいただける格式ある名店!

小泉元首相をはじめ国内外のVIPが訪れる陽澄湖の上海蟹をいただける格式ある名店!

王和宝大酒店(Central Hotel)は、上海の中心地区に位置し、アクセスしやすい南京路歩行街周辺にあり、小泉元首相をはじめ国内外のVIPが訪れるという上海蟹の名店です。

王和宝のカニの仕入れは、経験豊かな担当者が陽澄湖に行き、一杯ずつ自ら厳選し、正真正銘の陽澄湖産の上海蟹かどうかを確認するそうです。

上品で優雅な環境で美味しい上海蟹をいただくことができ、タイミングが良ければ音楽の生演奏も聞くことができます♪

王和宝は、コースではなく、アラカルトで様々な上海蟹の料理を味わうことができます。

上海蟹とセットでいただく紹興酒

中国では、上海蟹は身体を冷やす食べ物とされているので、身体を温めてくれる紹興酒と一緒にいただくのだそうです。

炒め蟹肉(Fried Crab Meat Spawn)

この料理は、メニューの表紙になっていたので頼んでみました。
見た目が華やかというだけでなく、味もこってりしていて、ボリュームもあり食べ応えのある一品です。

蟹肉入りやきそば(Fried Noodles with Crab Meat Spawn)

チャーハンか焼きそばか迷いましたが、スタッフの方のオススメで焼きそばにしました。
あんの中に蟹身や内子がしっかり入っており、あっさり味で美味しい♪

蟹肉のあんかけ豆腐(Braised Tofu with Crab Meat Spawn)

蟹肉のあんかけ豆腐は、上海料理で最も人気があるそうです。
この料理は、かなりあっさりしているので、味の濃い料理を食べる前に食べておきたいです。

蟹肉とチンゲン菜の炒め(Sauteed Green Vegetable)

少し休憩です(笑)
中華の野菜料理はシャキシャキしていて美味しいですね。
蟹身を少し乗せていただきます^^

蟹肉入りの小籠包(Steamd Dumpling with Crab Meat Spawn)

肉汁たっぷりの蟹肉入りの小籠包。
小籠包は、上海発祥なので出来る限りトライしておきたかったんです^^

恐らく現地の方だと思うのですが、座ったテーブルの周りすべての席で小籠包を頼んでいたので人気の一品なのではないかと思います^^

P.S. この日、陽澄湖で上海蟹を食べたので、王和宝では食べなかったのですが、これだけで二人でお腹いっぱいになりました。

もし上海蟹を食べられる場合は、1匹200gで200元(2011/10/15現在)だそうです。

このお店は当サイト一押しです!!

メニュー参考価格(2011/10/15)

・炒め蟹肉(Fried Crab Meat Spawn):300元
・蟹肉入りやきそば(Fried Noodles with Crab Meat Spawn):28元
・蟹肉のあんかけ豆腐(Braised Tofu with Crab Meat Spawn):68元
・蟹肉とチンゲン菜の炒め(Sauteed Green Vegetable):68元
・蟹肉入りの小籠包(Steamd Dumpling with Crab Meat Spawn):45元
・サービス料:15%

王和宝大酒店(Central Hotel)へのアクセス

URL:http://www.centralhotelshanghai.com/
コンタクト:(021) 5396 5000
所在地:上海市九江路555号

チリクラブ発祥のお店 パームビーチ(PALM BEACH)

チリクラブ発祥のお店 パームビーチ(PALM BEACH)

シンガポール料理と言えば、チキンライスかチリクラブというぐらい、ローカル料理としてチリクラブは有名なのではないでしょうか?

今回、シーフード料理で有名なお店で、公式ガイドブック(空港などでもらえる無料のもの)でも紹介されている「ジャンボシーフード」でチリクラブを食べようと思っていました。

しかし、念のためネットでリサーチしているとおもしろい情報を発見しました。

Chili crab is a seafood dish originating from Singapore. It was created in 1950 by Singapore chef, Cher Yam Tian with her husband, Lim Choon Ngee. The couple ran Palm Beach Seafood Restaurant on Upper East Coast Road (near the present day East Coast Seafood Centre.)…(Wikipediaより引用)

上記記事によると、現在ワン・フラトンにあるパームビーチは、現在のイーストコーストシーフードセンターにあったと書かれており、パームビーチの公式サイトでも確認できました。

また、このパームビーチのロケーションは最高で、マリーナベイを一望できます。
ソフトバンクCMで話題のマリーナベイサンズホテルが綺麗に見えますよ^^

そんなロケーションでいただくチリクラブは最高に美味しかったです♪

かに身を食べるためにはどう考えても手は汚れてしまいますが気にせずパクリ^^

チリソースは甘辛く(辛さは甘口ですよ♪)、ほんのり甘い揚げパンと相性抜群です!!

かにを食べる時の注意点ですが、殻を割る時が一番服に付きやすいので気を付けてくださいね。
あと、お手ふきはシンガポールでは有料なので頼みすぎて後でレシートを見てびっくりしないでくださいね(笑)

正直、パームビーチは、他のレストランよりも少々高いですが、マーライオンのすぐ側で、マリーナベイを見渡せるというロケーションを考えると納得できます。

P.S.この日、ミーゴレンもオーダーしたのですが、他のレストランで食べたのよりも美味しかったのでまた食べたいです♪

P.P.S. 今回は、パームビーチへ行きましたが、チリクラブは、イーストコーストシーフードセンターのジャンボシーフードも美味しく割安で海沿いなのでオススメですよ^^

メニュー参考価格(2011/07)

・チリクラブ(M) :S$65
・揚げパン(8pcs):S$4
・ミーゴレン(s):S$10
・サービス料:10%
・GST:7%

パームビーチへのアクセス

URL:http://www.palmbeachseafood.com/pbs/index.html
コンタクト:+65 6336 8118
所在地:1 Fullerton Road #01-09 ONE FULLERTON Singapore 049213
営業時間:12noon – 2.30pm , 5.30pm – 11pm

雰囲気・サービス共に満足できるムンバイのシーフードレストランMahesh Lunch Home!!

雰囲気・サービス共に満足できるムンバイのシーフードレストランMahesh Lunch Home!!

ムンバイを中心に、5店舗を経営するインドのシーフードレストランMahesh Lunch Home。

口コミサイトでは、ムンバイのシーフードレストランの中では、上位にランキングしています。

今回訪れた店舗はJuhu店ですが、店に入ると目の前に蟹の水槽?があり、そこに青色の照明に照らされたマッドクラブがズラリと並んでいます。

インドのカニ料理に関する情報は、あまり得られなかったので、とにかくスタッフの方にオススメを聞いて注文することにしました。

また、実際には知らなかったので食べることができなかったのですが、メチャクチャ美味しい料理を発見したので、そちらも是非ご紹介したいと思います。

少々お値段は高いですが、雰囲気・サービスともにとても良いお店でした^^


Jumbo Crab Curry(かにカレー)

スタッフさん曰く、ここムンバイでおすすめの蟹料理のオススメの一つが蟹カレーだそうです。
本場インドのカニカレーです!!

ちなみに、一番オススメは、「蟹のバターガーリック炒め」だそうですが、こちらはすでにExcellence-seaさんでいただいたのでこちらでは注文しませんでした。

カレーは、スープはさらっとしており、少し酸味があり、フィッシュカレーと似たような味ですね。

Hara Bhara Kabab

ケバブと書いてあったので串刺しの野菜かと思っていたら揚げた物が出てきました…
こういう食べ物もあるんですね。

Chameen Porichathu (Malyali style fried prawns)

この料理はエビの料理ですがメチャクチャ美味しかったです!!
スタッフの方が何故この料理の蟹バージョンをオススメしてくれなかったのかは謎ですが、もし次回ムンバイに行くようなことがあれば、この料理の蟹バージョンを是非食べてみたいと思います!!

メニュー参考価格(2011/11/08)

・Hara Bhara Kabab:200RP
・Jumbo Crab Curry:2000RP
・Chameen Porichathu:700RP
・VAT:12.5%
・Tax:3.09%

Mahesh Lunch Home(Juhu Branch)へのアクセス

URL:http://www.maheshlunchhome.com/
コンタクト:(022) 66955559, 66955554, 65720059.
所在地:Kings Apartment, Juhu Tara Road, Next to Juhu Centaur, Mumbai-400049.
営業時間:11:30am – 3.30pm , 6.00pm – 11:30pm
その他の店舗:Fort Branch / Andheri Branch / Thane Branch / Pune Branch

日韓多数有名人も訪れるプロカンジャンケジャン新沙洞本店♪

日韓多数有名人も訪れるプロカンジャンケジャン新沙洞本店♪

日本の赤坂のプロカンジャンケジャンに行ったときから、ずっと本場に行ってみたいと思っていたのですが、ついに新沙洞本店に来ることができました。

お店に入ると、有名な日韓芸能人の方の写真がズラリと飾られております。
HPでも紹介されておりますね。
http://www.prosoycrab.co.kr/html/?code=B03

お店の看板が日本語なので日本人の観光客(もしくは在住の方)も結構来るのだろうと思っていましたが、3分の1ぐらいは日本人だったのではないかと思います。

定員さんにも、下手に英語で話すより、日本語の方が通じるのではないかとさえ思いました。

さて、今回のかに旅は、韓国の友人男女2人とご一緒することができたので、現地の方の蟹情報も聞けたのでとてもいい体験になりました。

ただ、友人2人のうち、男性の友人はカンジャンケジャン大好きということだったのですが、女性の方が食べれないと聞いたときはさすがに焦りました…

カンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬け)

いきなりメイン料理が運ばれてきましたが、身がとろとろで口の中でとろけます。
甲羅の中にご飯を入れて混ぜ、海苔に包んで食べると最高に美味しいです♪

ちなみに、カンジャンケジャンが食べれないと言っていた女性も、今回食べてみて改めて美味しいと思ったそうですよ。

ほんとに良かったです^^

ヤンニョムケジャン(辛口ケジャン)

こちらは、辛い方のケジャンです。
こちらもご飯にはとても合うので、ピリ辛が好きな方にはオススメです。

ケアルビビンバ(ワタリガニのカニみそビビンバ)

ワタリガニのカニみそビビンバです。
ビビン(混ぜる)バ(ご飯)ということで、やはり韓国の友達はみごとかき混ぜてくれました。

ケアルビビンバは、薄味で上品な味ですごく好きです。
韓国人女性にも人気の味です。

コッケポンボク(ワタリガニともやしの炒め物)

韓国、サイドディッシュは美味しく、しかもおかわりできるので、ついつい食べてしまい、少しおなかいっぱいになってきたのですが、となりの方が美味しそうに食べておられるのを見て注文しちゃいました(笑)

この料理本当は、ワタリガニではなく、アグチムと言うアンコウ料理の方が有名だそうですが、かに旅ということで、ワタリガニにしました。

見た目程全然辛くないので、辛いのが苦手な方でも食べれるのではないかと思います。
この味を表現するのは、少し難しいのですが、ラーメンの風味に少しだけ似ている気がしました。

もやしが結構堅いのでさらにそう感じたのかもしれません。

P.S. 男性2人と女性1人で行きましたが、おなかいっぱいになりました。
値段はいい値段ですが、ボリュームも味もすごく満足でした♪

ちなみに、韓国では、ケジャンは家庭料理だそうで、市場でいっぱい買ってきて家で作るそうですよ。

機会があれば是非学んでみたいものです。

メニュー参考価格(2012/10/01)

・カンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬け):W55,000
・ヤンニョムケジャン(辛口ケジャン):W58,000
・ケアルビビンバ(ワタリガニのカニみそビビンバ):W20,000
・コッケポンボク(ワタリガニともやしの炒め物):W70,000

プロカンジャンケジャンへのアクセス

URL Japan:http://www.prosoycrab.co.jp/
URL Korea:http://www.prosoycrab.co.kr/
コンタクト:02 543 4126
所在地:ソウル特別市瑞草区蚕院洞27-1 プロビル1~5F