大豆ソース蟹-韓国の特製蟹料理

大豆ソース蟹-韓国の特製蟹料理

料理海にはたくさんの料理があり、蟹がこの探検の焦点となる主な材料です。この カニの旅 は、カニ足袋を新しい朝の国である韓国に連れて行きます!彼らの名物の蟹料理は、ガンジャンケジャンまたは醤油蟹です! 

醤油蟹はどのように作られていますか?

醤油蟹は韓国人のネイティブレシピです。新鮮な生きたカニを酢と醤油の混合物で最大3日間マリネすることによって調製されます。この発酵方法は、国では一般的な方法です。最も人気のある料理の1つはキムチです!醤油蟹は12時間の保存で完成です。ただし、マリネしてから2、3日後にお召し上がりください。 

その味の秘訣

韓国人はほとんどの料理に朝鮮ガンジャンを使用しています。 100%大豆メジュと塩水を使用して作られています。スープや鍋によく使われます。赤みがかった濃くてマイルドな塩味で知られています。これに最も近い日本人は、あわ口醤油です。酢は醤油ほど重要ではありません。万能米酢を使うのが一番です。 

カニのマリネは、伝統的に醤油と酢の混合物のみです。現代の家庭では、米シロップ、乾燥唐辛子、唐辛子、生姜、玉ねぎ、にんにく、リンゴのスライスと混ぜることを好みます。この方法は酢を必要としません。 

これらすべてを鍋に入れて混ぜ、水に浸すのに十分な水を加えます。炎を高または中高に設定します。沸騰したら火を弱め、さらに1時間沸騰させます。 15分間冷ましてから、完全に冷えることができる開いた容器に濾します。それがあなたのマリネになります。

カニを準備するための指示

カニはその過程で生きている必要があります。冷凍庫に2時間入れて寝ます。タイマーを設定します。長く待つとカニが死んでしまうかもしれません。それらを取り除くのが早すぎると、抵抗するのに十分なエネルギーがあります。強烈なカニを扱うことに慣れていない限り、このステップをスキップしないでください。待っている間に上記のマリネを準備することができます。

カニを一匹ずつ掃除します。まず、ボードに逆さまに置き、腹の下に折りたたまれた甲羅をひねるかスプーンでこじ開けて取り除きます。それを裏返し、トップシェルを取り外します。鰓、目、触角を取り除き、体内のカニミソや黄色いものを取り除きます。トップシェルを元に戻し、甲羅を磨きます。それらをストレーナーで排水させます。

乾いたら、瓶のように密閉された容器にカニを一匹ずつ入れます。彼らの腹が上を向いていることを確認してください。カニが水没するまでマリネを注ぎます。彼らの体が浮くのはよくあることなので、重いものを上に置くことができます。瓶を密封し、冷蔵庫に入れれば完了です!楽しい! 

韓国のカニのマリネ

韓国のカニのマリネ

カニは紛れもなく海の恵みです。豊富な身と風味豊かな味で、カニを使ったレシピが無数にあることを知っているのは驚くべきことです。このようにして、私たちはさまざまな方法でそれらを鑑賞する方法を学ぶことができます。

世界各国では、カニを使った独自のおいしいレシピを作ることができました。世界中のカニの旅を持っていることによって、あなたはこれらで作られた別の珍味を見て、味わうことができます。そのため、ここでは、おいしい食べ物がたくさんある韓国で試してみることができるいくつかを紹介します。

ケジャン

ケジャンとは、カニのマリネの総称です。韓国では塩漬けや発酵させた海鮮料理として人気があります。蟹を意味する「ゲ」と薬味を意味する「ジャン」の2つの言葉から成り立っています。今回は、そんなゲジャンを使った料理をご紹介します。

ガンジャン コジャン 

本当に美味しいと評判のガンジャンコジャンは、韓国のレストランでは高価なベストセラーの一つだ。徹底的に醤油に漬け込まれているので、一度食べたら忘れられない味になること間違いなしです。

外で注文すると高価な料理だが、家で簡単に作ることができる。しかし、これについての事は、準備が非常に多くの時間がかかるということです。それは非常に価値がありますが、あなた自身がそれを持っている後、それはご飯とペアリングした後、このおいしい25時間のレシピのより多くのより多くを求めていることを見つけるかもしれません。

材料

これを作るには、必要なものがあります。

  • 減塩醤油
  • 甘い赤りんご
  • 大きなニンニクのクローブ
  • 黒糖
  • 干し昆布
  • ジンジャー
  • 赤玉ねぎ
  • ハラペーニョ
  • アオアシガニ

ヤンニョムゲジャン(辛味生蟹

ヤンニョムのコジャンも韓国人が誇る美味しいカニ料理の一つである。この料理は、全国的には「バップドドク」や「食事泥棒」とも呼ばれている。この料理の美味しさから自動的にご飯を盗むと言われていたので、そのように呼ばれるようになった。

辛くて塩辛くて少し甘くて、この料理の味は本当に最高の組み合わせだ。蟹の身は、ガンジャン・コジャンとは違い、最初に開いてカットし、全体を浸すのではありません。また、1日以上かかる他のものと違って、1~2時間でできるので、準備が早くなります。

材料

これを作るには、必要なものがあります。

  • ごちうさ
  • 醤油
  • スープ醤油または塩 
  • 米酒
  • コーンシロップ
  • レモンジュース
  • にんにくのみじん切り
  • 搾った生姜
  • 胡麻
  • アオアシガニ

概要

簡単に言うと、これらのカニのレシピは、あなたがそれらを見逃す必要はないだろうほど素晴らしいものです 少なくとも一度は試してみて、どれだけ気に入るか見てみてください。韓国の珍味とされているカニは、韓国が誇る豊かな風味を味わってみてはいかがでしょうか。

日韓多数有名人も訪れるプロカンジャンケジャン新沙洞本店♪

日韓多数有名人も訪れるプロカンジャンケジャン新沙洞本店♪

日本の赤坂のプロカンジャンケジャンに行ったときから、ずっと本場に行ってみたいと思っていたのですが、ついに新沙洞本店に来ることができました。

お店に入ると、有名な日韓芸能人の方の写真がズラリと飾られております。
HPでも紹介されておりますね。
http://www.prosoycrab.co.kr/html/?code=B03

お店の看板が日本語なので日本人の観光客(もしくは在住の方)も結構来るのだろうと思っていましたが、3分の1ぐらいは日本人だったのではないかと思います。

定員さんにも、下手に英語で話すより、日本語の方が通じるのではないかとさえ思いました。

さて、今回のかに旅は、韓国の友人男女2人とご一緒することができたので、現地の方の蟹情報も聞けたのでとてもいい体験になりました。

ただ、友人2人のうち、男性の友人はカンジャンケジャン大好きということだったのですが、女性の方が食べれないと聞いたときはさすがに焦りました…

カンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬け)

いきなりメイン料理が運ばれてきましたが、身がとろとろで口の中でとろけます。
甲羅の中にご飯を入れて混ぜ、海苔に包んで食べると最高に美味しいです♪

ちなみに、カンジャンケジャンが食べれないと言っていた女性も、今回食べてみて改めて美味しいと思ったそうですよ。

ほんとに良かったです^^

ヤンニョムケジャン(辛口ケジャン)

こちらは、辛い方のケジャンです。
こちらもご飯にはとても合うので、ピリ辛が好きな方にはオススメです。

ケアルビビンバ(ワタリガニのカニみそビビンバ)

ワタリガニのカニみそビビンバです。
ビビン(混ぜる)バ(ご飯)ということで、やはり韓国の友達はみごとかき混ぜてくれました。

ケアルビビンバは、薄味で上品な味ですごく好きです。
韓国人女性にも人気の味です。

コッケポンボク(ワタリガニともやしの炒め物)

韓国、サイドディッシュは美味しく、しかもおかわりできるので、ついつい食べてしまい、少しおなかいっぱいになってきたのですが、となりの方が美味しそうに食べておられるのを見て注文しちゃいました(笑)

この料理本当は、ワタリガニではなく、アグチムと言うアンコウ料理の方が有名だそうですが、かに旅ということで、ワタリガニにしました。

見た目程全然辛くないので、辛いのが苦手な方でも食べれるのではないかと思います。
この味を表現するのは、少し難しいのですが、ラーメンの風味に少しだけ似ている気がしました。

もやしが結構堅いのでさらにそう感じたのかもしれません。

P.S. 男性2人と女性1人で行きましたが、おなかいっぱいになりました。
値段はいい値段ですが、ボリュームも味もすごく満足でした♪

ちなみに、韓国では、ケジャンは家庭料理だそうで、市場でいっぱい買ってきて家で作るそうですよ。

機会があれば是非学んでみたいものです。

メニュー参考価格(2012/10/01)

・カンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬け):W55,000
・ヤンニョムケジャン(辛口ケジャン):W58,000
・ケアルビビンバ(ワタリガニのカニみそビビンバ):W20,000
・コッケポンボク(ワタリガニともやしの炒め物):W70,000

プロカンジャンケジャンへのアクセス

URL Japan:http://www.prosoycrab.co.jp/
URL Korea:http://www.prosoycrab.co.kr/
コンタクト:02 543 4126
所在地:ソウル特別市瑞草区蚕院洞27-1 プロビル1~5F