001.「蟹の恩返し」で知られる蟹満寺を訪問!

「蟹に関するお寺」がある事を知り、さっそく行ってみることにしました!

「かに旅」をこれから始めるにあたり、最初に蟹満寺を訪問して、お参りできたことは、とても良かったです。

お寺は、蟹満寺というお寺で、奈良朝以前、秦氏の一族秦和賀によって建設されたそうで、今昔物語集巻十六第十六話等数多の古書に創建にまつわる有名な「蟹満寺縁起」が記され、仏教説話として広く世間に紹介されているそうです。

京都駅から奈良行きの快速で約20分、玉水という駅で下車しました。

愛想の良い駅員さんに道を教えてもらい、田んぼや駄菓子屋などを通り過ぎ、のどかな道を約30分程歩いて、たどり着くことができました。

ただ、距離は、3km以上はあると思うので、暑い日は結構しんどいかもしれません。

蟹満寺は、リニューアル中なのか入り口が工事されていたので、少し残念でしたが、それでも、「ここも?」というような所にもカニが配されており、ユニークで大変興味深かったです。

本堂に入ると、国宝である釈迦如来像が中央に安置されており、「蟹の恩返し」の物語がビジュアルでわかる絵も飾られています。

この物語を少しご紹介しますと…

慈悲深い夫婦の娘が、村人が蟹をたくさん捕えて食べようとしているのを見て、蟹を買い取り草むらへ逃がしてやります。

その後、娘は大蛇に求婚され、娘はひたすら観音経の普門品を唱えると、観音様が現れ、お告げをして姿を消しました。

夜が明けてみるとハサミで切られた大蛇と無数の蟹の死骸が残されていました。

たくさんの蟹が満ち満ち恐ろしい災難が救われた因縁で建てられたので蟹満寺と名付けられたそうです。

毎年四月十八日は、この縁起にちなんで蟹供養放生会が修行されています。

少し駅から遠いですが、国宝もありますし、かに好きの方は一度のんびり訪れてみてはいかがでしょうか?

アクセス

JR棚倉駅から徒歩約19分。または、コミュニティーバス山城線蟹満寺口下車、徒歩約9分。

参考URL:http://0774.or.jp/temple/kanimanji.html
所在地:木津川市山城町綺田浜36

蟹満寺について知っておきたいこと 

カニが与えてくれるものがたくさんある中で、人は何かお返しをしようと考えてきました。蛇がカニに殺されたという有名な話に基づいて、人々はカニに敬意を表して蟹満寺を建てました。

カニが好きな人は、カニの旅を始めるのに最適なお寺で、カニを見に行くことをお勧めします。玉水の駅を降りると、田んぼや商店街を30分ほど歩くと、カニの聖地であるこのお寺にたどり着くことができます。

ということで、このお寺のことが気になる方は、こちらをチェックしてみてください。

宝物の数々 

寺院内で発見された主な宝物は、歴史上の仏陀やシッダールタ王子として知られる釈迦如来坐像です。仏教の創始者として、彼はしばしば導きと悟りのために崇拝されています。

この金銅像は1300年前に存在したと考えられています。古い時代にもかかわらず、国宝として大切に保存された後も、この像は完璧な状態を保っています。現在でも、金銅製の仏像は4体ある仏像のうちの1体となっています。

それ以外にも、有名な釈迦如来坐像の特徴をご紹介します。

  • その表情と形
  • 手の置き場所 
  • シングルキャスティングで作られています。
  • 東大寺の大仏に似た構図
  • その重量は2.2トン
  • その240cmの高さ

実話 

なぜこのお寺ができたのかという語り継がれている話から、かつてこの地には観音様の帰依者である一家が住んでいたと考えられています。その家の娘が、カニが食べられようとしているのを見たことがあります。そして、娘はカニの命を惜しむように、その人に別の食べ物を差し出しました。別の日、父親は蛙を食べようとしている蛇を見ました。蛙の命を助けるために、彼は娘に蛇の妻になることを申し出、蛇は同意しました。

他の家族は自分の子供を手放すことを渋っていたので、娘の命を救うために何度か観音様に祈りました。その夜、蛇がやってきて、無数の死骸に苦しむカニに群がっていました。

これは観音様が与えてくれた助けだと信じていました。これが観音様のお陰だと信じた一家は、カニと蛇を埋めてしまうことにしました。その上、そのお墓が現在の金満寺のお寺になっています。

蟹満寺のお参り

下記の詳細を参考にして、お寺にお参りしましょう。

住所は、京都府木津川市山城町樺太浜36番地 619-0201 京都府木津川市山城町蒲田浜36番地

営業時間 午前8時から午後4時まで

お問い合わせ番号:0774-86-2577

コメントする