002.モクズガニ捕りに挑戦!

子供の頃、よく親戚のおじちゃんにモクズガニを食べさせてもらったことを今も覚えています。

美味しくて、かなり食べていた記憶はあるのですが、どんな味か忘れる程月日が経ってしまったので、今回「自分で捕りに行って食べようではないか」と思い、モクズガニを補りに行ってきました!

モクズガニとは?

モクズガニ(藻屑蟹)は、地方によっては、ズガニ、ツガニなどと呼ばれており、あの有名な上海蟹と同じイワガニ科に属します。

ちなみに、上海蟹は、英語では、Chinese mitten crabと言い、学術的には、なんとチュウゴクモクズガニと呼ばれています。

さて、このモクズガニの旬は、秋から冬にかけての9月~11月頃です。

モクズガニは、海と河川を回遊するカニで、この頃、産卵のために雄雌共に川を下り、最終的には、海で産卵します。

今回、モクズガニ捕りをしたのは、8月の中旬で、河川の中流の水がとても綺麗なところで、時期的に旬ではないのですが、泥抜きをする必要がないのは魅力的です^^

モクズガニの捕り方

モクズガニはカニ網の中央にエサ(魚)を入れて、夕方に仕掛けて、早朝に引き上げます。

遠くに仕掛ける場合は、カニ網をロープで縛って放り投げます^^

カニ網は、850円程度で購入でき、エサは、魚の頭やアラなどでOKで、今回はカツオの頭(たぶん)を使いました。

※下の写真のエサのカゴは電球を囲む金具を付けてカスタマイズしておりますが、デフォルトで小さいエサ用網が付いています。

カニ網は、深いところに仕掛けると入ると思いがちですが、モクズガニは、夜浅いところに出てくるので、深さ30cmぐらいの流れのあるところに仕掛ると入りますよ。

また、満月の夜は、捕れにくく、雲りの方が、捕れやすいそうです。

今回は、2日間挑戦したのですがトラブル続きでした(笑)

1日目は、カニ網2つ仕掛けたのですが、1つがなんとエサがなくなる始末。

2日目は、カニ網を倍に増やし、4つ仕掛けたのですが、突然の豪雨で増水したので、仕掛けて3時間ほどで泣く泣く引き上げることに…

こんな状況でも、なんとか2匹は捕ることができました!!

モクズガニを茹でていただく

今回捕れたモクズガニ(オス)を早速、茹でていただきました。

大きさは、約16cmぐらい程なので、かに身はそんなにないのですが、モクズガニはなんといってもかにみそがメチャクチャ美味しいカニです。

特にメスの内子は絶品ですよ♪

黄色に輝くかにみそはとろ~りとしていて濃厚でとっても美味しいです。

自分で捕ってきたかにを茹でて食べるのは新鮮でいいですね^^

「モクズガニの茹で方」は、料理・レシピのコーナーをどうぞ。

※モクズガニは、寄生虫がいることがあるのでしっかり火を通さないと感染してしまう恐れがあるので注意が必要です。

藻類のゴミカニを探し、捕まえ、調理する

仲間のクラブファンを歓迎! 藻類の廃棄物を探し、捕まえ、調理することに興味がありますか? 良い! この記事がそれらについて完全であるので ! 藻類の廃棄物は、人が市場で買ったり捕まえたりできる最もおいしいシーフードの 1 つです。 

モクズガニは様々な名前で知られています。藻屑ガニ」「ツガニ」「ツガニ」と呼ばれることもあります。これらの名前は多くの地域から来ているので、どれだけ一般的なものか知っていると思います。海につながるきれいな川がある限り、藻屑蟹は存在します。日本にも同じ種がいるのに、欧米人は「中国の藻屑ガニ」と呼んでいます。

これ以上中断なしで、あなたが食糧熱狂者として藻の無駄のカニについて知る必要がある事はここにある !

藻類の廃棄物を見つける

藻類の廃棄物は農場で培養できます。 これはレストランが一貫した供給を有するようにされる。 川から魚を採取したい人は秋まで待たなければならない。藻類の廃棄物は、 9 月から 11 月までの間に捕まっているのが一番だ。 卵を産むために海に移住しているのは今回がことだ。 この旅行を取るカニは食べられるべき完全な年齢そしてサイズにある !

藻類の廃棄物が、安定した流れできれいな川を横断するのを見ることができます。 太陽が反射されない場合は、川のベッドで移動するのを見るのがラッキーかもしれません。 それらはかなり見、余りに活動的でない従って決定されれば数えられることができる。

藻類の廃棄物は、捕食者を警戒しているため、陸地には現れません。 しかし、岩に登って藻を食べています。 彼らは彼らが小さい魚を食べることができる水中にとどまる。 彼らはある石から別の石に跳躍する傾向がある。 他のルートがない場合、または捕食者に追いかけられている場合にのみ、このようになります。

藻類の廃棄物を捕まえる

藻類の廃棄物がどこにあるかがわかったので、何かを捕まえる時間が来ました。 知っておくべきことがいくつかあります。 最初に、藻の不用なカニに対して槍を使用できない。 3 ~ 10cm ほどの小さなサイズです。 それらを刺しれば食用肉すべてを失う。 藻類の廃棄物を捕らえるために必要なことは次のとおりです。

工具

「カニネット」と呼ばれるツールがあります。 それらは頻繁に大きく、作ること容易である。 それらは多くの藻の無駄のカニを一度に収容するように設計されている。 多くの形で見ることができます。 一般的な釣店は金属から成っている丈夫な物を販売できる。 深海釣り用に作られたものと、必要なものを区別してください。 川の藻のための物はだけ ¥ 850 の価値がある。 小さな魚は藻類だけを食べる傾向があるため、藻類の廃棄物を捕えるのに最適な餌だ。

技術

川の最も深い部分にトラップを置く必要はない。藻の無駄のカニは夕方の間に水の浅い部分の方に移動するために知られている。 30 cm の深さにトラップを配置するのは良いので、簡単に配置できます。 ただし、より深い領域はまだ理想的です。 それは小さい魚のより大きいカニが与えるところである。 あなたのトラップをどこかの深さに置くことを主張すればトラップにロープを付けること確実がありなさい。

夜には川のどこにでもトラップを置き、早朝に収穫します。 できるだけ早く確認してください。 十分な時間が経過すると、トラップから脱出する可能性があるカニもあります。

トラップは決して 1 つのカニをつかまえる保証されない。 場合によっては、トラップを回避できます。 他はそれらが餌を取ることができるが、スタックして得ないのでスマートである。 それ以外の場合は、川の流れを利用してケージから出る餌です。 夜通し待っていると、空のカニのネットを見るのが面倒なこともある。

1 、 2 、または 3 つのカニトラップだけに依存しないでください。 川の床を地雷原にしてください。 パチンコをするようなものだ。 トラップがどのように配置され、あなたの忍耐は重要であるか技術がある。 宝くじにも似ている。 より多くのチャンスを獲得するには、より多くのチケット(トラップ)が必要です。

食べることができるものより多くを捕獲することを終えれば必要とするものだけを取り、残りを解放しなさい。 グリーディであることは藻の無駄のカニの生態学のために悪い場合もある。 人間の貪欲とは、何種類の繊細な種が絶滅したかということです。

他の方法

友達があれば、大きい網を使用することは働くべきである。 川の底に大きなネットを置き、カニが川を渡るのを待つ。 あなたおよびあなたの友達は袋のように網のカニを引っ掛けるコーナーを一緒に持って来るべきである。 これらのカニをすべて背の高いメッシュ容器に入れて、爪と足を結ぶことができるように、カニを 1 つずつつかむことができます。

もう 1 つの方法は虫の網かバスケットを強制的に藻の無駄のカニを 1 つずつつかまえるのに使用している。 それらは薄い網によって裂けてもいい従ってあなたの好みの虫つかまえの網を使用してはいけない。 バスケットとのすくい取りはまたそれらがすぐに上ることができる従ってふたかトラップメカニズムとの 1 つを使用するので問題を提起できる。

藻のゴミカニを調理しています

他の甲殻類と同様に、生きているそれらを沸かすことは藻の不用なカニを調理する最も普及した方法の 1 つである。 クラブをロープまたはトウインで包む。 スレッドは、複数回スピンした場合にのみ動作することもあります。 それらは小さいかもしれないが、単一の糸から脱出するには十分に強い。

スパイスやハーブを使ってクリエイティブにできます。 非常に推薦される 1 つは 生姜 、 紫蘇 葉、塩および調理ワインを使用することである。 水が沸騰し始めてから 20 分間、カニがスチームや水で料理するのを待ちます。 カニは赤のとき準備ができている。

それらを沸騰させたいと思えば、調理している間カニに浸透するので水にすべてのスパイスを加えること自由に感じなさい。 蒸気を発生させたい場合は、粉末 / 粒状の成分を使ってカニを直接スモザし、カニを使ってスライスしたジンジャーと葉を置きます。 ワインは水と混ざっているのが良かったです。

多くのレストランがご馳走としてそれらを役立つので藻の無駄のカニを調理する多くの方法がある。 但し、ここに示されている方法はそれらをつかまえた直後にカニを食べたいと思う人々のためだけである。 食材や調理器具は、どこにも簡単に持ち運べます。

藻類の廃棄物を新鮮に保つ 

多くの甲殻類は死ぬと食用になる。 藻類の廃棄物の収集にも同じことが言える。 これは酵素が内部からのボディの残りをすぐに食べるので起こる。 カニは非常に速く分解する。 彼らは死の後でまだ 10 から 15 分以内にだけ調理されることができる。

輸送のためにカニを新鮮に保つことができます。 これらの方法の 1 つは旅行の間にそれらを生きている保つことを含む。 氷を入れて冷凍室で準備した氷の層を使ってクーラーを準備します。 温度は 10 ° C ( 50 ° F )以上でなければなりません。 容器がそれより冷たい場合、カニは死ぬ。

容器に入れる前に、必ず各カニの足と爪を結んでください。 彼らはトラップを上り、ふたを開ける傾向がある。 また、閉鎖された部屋に一緒に置かれた場合も、とてもキイです。 また、冷気を絶縁するための穴がコンテナにないことも必要です。 それらが新しいとどまることを確かめるために台所カウンターの洗面台にそれらを置くべきである。

別の方法は前調理のカニを含む。 蒸しや沸騰の方法ではカニを調理しますが、その料理は他の料理の材料としても使えます。 冷凍庫に入れる前に、最高のレストランでカニを調理してくれます。 メインディッシュを温めている間は、ソースを準備するだけです。 他は準備と非常に創造的、頻繁に 甲羅 を開け、肉をすくい取り、そして 甲羅 がボールとしてカニ肉とのスープかソースを作ることを含む。

藻類廃棄物カニトリビア

  • 藻の不用なカニのもう一つの名前は毛皮で覆われた爪のために「 上海の毛蟹 」である。
  • 藻類の廃棄物カニの研究は 1000 年前に始まった。 最も古い記録を持つものは中国の医者である。 しかし、考古学的な調査結果によると、これは 5000 年以上にわたり中国の人々の食事の一部となっています。
  • 米国には藻の廃棄物が侵入している。 人々は容易に繁殖し、どこでも移動するので心配している。 彼らは絶滅の原因となる地元の種と競うかもしれないので心配している。 障壁の作成、意識の向上、市民の追いつくことなど、多くの計画や命令が実施されました。
  • 小さいサイズおよび豊富のために、それらは他の甲殻類と比較される非常に安い。
  • 中国のショウキシングワインは藻の不用なカニの皿を調理することの最も代表的な原料である。 ゆでた料理やグルメ料理など、多くの料理に使われている。

コメントする