004.ワタリガニ釣りに挑戦!

子供の頃、海水浴を楽しんだ後、懐中電灯と網とバケツを持って、夜の20時頃から、よく漁港でワタリガニやイシガニを捕ってきては、味噌汁にしたりそのまま茹でて食べたりしていました。

なんか懐かしく思います。

最近は、海へも行かなくなったのですが、「ワタリガニを釣る」という自分の中で新しい体験をしてみたくなったので、久しぶりへ海へ行ってワタリガニ釣りを体験してきました。

夕まづめってなんかいいですね。

ワタリガニ釣りの準備

ワタリガニ釣りの道具は、釣り竿、投カニアミ、サルカン、重り(15g)を用意し、エサは、「するめいか」と「つばす」を購入しました。

結果的に、両方のエサで釣れましたがたぶんイカの方が釣れると思います。

ちなみに、釣り具屋で「ワタリガニの仕掛けありますか?」って聞いても「扱ってないですねぇ」って言われるかもしれませが、実際にそのお店に「投カニアミ」は置いてありました。

それぐらい、「ワタリガニ釣り」って珍しいのでしょうか?

さて、釣り糸にサルカンを付け、重りとかに網をセットし、エサを赤い網に入れて底を結んでできあがりです。

ちなみに、竿は2本用意した方が、ワタリガニをカニアミから外している間も、時間を有効に使えるかと思います。

仕掛けができれば、釣り竿の真下に垂らして10分~15分程待つだけです。

これを繰り返します。

すると、そのうち…

イシガニが釣れました♪

なんか、アミにぐちゃぐちゃに絡まってる様に見えますが、絡まってます(笑)
でも、だいたい絡まり方が少ない面がありますので、そこから外していくと案外簡単に外れたります。

釣れたイシガニをお味噌汁に

今回竿1本で、約2時間ほど釣りをして2匹のイシガニが釣れました。

イシガニは、ワタリガニの一種で、甲幅8cm程と少し小さいですが、身の味はよく、カニみそもあるので、お味噌汁と相性が良いと思います。

しっかりカニの出汁が出て、美味しくいただきました。
自分で釣ったカニを食べていると原始時代の記憶がよみがえってきそうな気がしますw

釣り場の選び方体験レポート!

今回、日本海で釣りをしましたが、何処でワタリガニが釣れるのかは、ネットで検索しても十分な情報が探しきれず、釣り具屋の方に聞いても、そもそもワタリガニ釣りをしている人が珍しいらしく有力な情報が得られませんでした。

そこで、これからやってみようと思い方に少しでも参考になるかと思い、今回合計5カ所の釣り場で試して得られた体験から、釣れた釣り場の特徴と、釣れなかった釣り場の特徴についてレポートしたいと思います。

少しでも参考になれば幸いにございますm(_ _)m

釣れた釣り場

底が砂の釣り場は釣れると思います。

今回釣れた場所2カ所が、砂かヘドロだったので、底が砂の釣り場は釣れやすいと思います。

また、底がヘドロの場合は、例え、ワタリガニ(ガザミ)が釣れたとしても、ヘドロの匂いがするので、避けた方が良いかも知れません。

釣れなかった釣り場

底がコンクリートの釣り場は釣れませんでした。

ワタリガニの砂に潜る習性を考えれば、当たり前かもしれませんが、2カ所でまったく手応えがありませんでした。

Blue Crabs について知っておくべきことはすべてです

ブルークラブは、おそらくアメリカで最も人気のある甲殻類の一種です。 これらは大西洋に原産であり、米国の経済および食産業において重要な役割を果たす。 彼らは西だけでなく、日本のような洗練された食文化を持つ国々でも求められています。

日本料理は間違いなく世界最高の料理の 1 つである。 彼らの料理の技術と材料は、古くから存在しています。 世界中にたくさんの日本料理レストランがありますが、人々はまだ国中で本格的な味を味わうことができ、そこでしか味わうことができません。 この国は水に囲まれているため、シェフは新鮮な日替わりの獲物を手に入れることができます。

日本は資源が豊富で、文化体験のための旅行先としては最高の場所の 1 つとなっています。 世界各地で多くの料理が人気を集めており、シーフードもその 1 つです。 以前に寿司を試したことがあるかもしれませんが、日本にはそれ以上のものがあります。 カニは国で普及しており、種々が養殖されています。

すべては青いカニについて

青いカニは、海に固有のもので、ほとんどが発見されて収穫されているため、「大西洋の青いカニ」とも呼ばれています。 彼らは青い着色された爪から彼らの独特な名前を得る。 この特性は他のカニのタイプから容易にそれらを別置く。

特徴的な爪以外にも、青いカニは肉を食べるのに適しています。 甘くておいしい肉が出てきたとき、人々はそれを称賛します。 これらは、南北アメリカの沿岸地域とラグーンにあります。 青いカニは約 3 年間しか生きていませんが、世界で最も収穫されたカニの 1 つであっても、個体数は安定しています。

青いカニは主にムール貝、カキ、貝およびより小さい甲殻類で与えられる。 海、海、ラグーンの底に位置しています。 彼らの数および位置は頻繁に季節および性に依存する。 男性のカニは淡水の川に多く生息し、女性は塩水に生息しています。

ブルークラブの科学的な名前は、ギリシャ語の「美しい」と「ジンマー」から派生しています。 性によってはニックネームもある。 男性は「 jimies 」と呼ばれ、女性は「 ooks 」と呼ばれます。 人々はボディ構造のために女性からの男性を容易に識別できる。 男性には細い体があり、女性には丸い体がある。

すべては青いカニの釣について

青いカニは主にケープコッドや大西洋のような場所で収穫されます。 しかし、日本を取り巻く国際的な海域やヨーロッパの沿岸地域に紹介された。 ブルークラブフィッシングは、ビジネス以外のレジャーアクティビティと見なされています。 家族は湖、川、海を群がって青いカニを捕まえよう。

カニは漁師に激しく反応する。 彼らに自己防衛からつまむことができる鋭い爪がある。 良いニュースは、 1 つずつ挟まってしまう場合に、それらをゆっくりと引き離すことができるということです。 カニを握る適切な方法はフリッパーによってそれを取ることによってある。 これを正しく行っても、挟まれることはありませんが、万が一備えて手袋を使用することをお勧めします。

カニ釣りのための餌のタイプ

ほとんどの場合、使用する餌は青いカニと働く。 あなたがあなたの次のカニの釣旅行で使用できる最も一般的な餌のタイプの少数はここにある :

どの魚もカニの餌として使うことができます。 大きな魚を使っている場合は、同じ部分にカットすることで、より多くの魚を節約できます。 切り口は水に浸された青いカニを引き付ける強い臭いを解放する。

またトラップに容易に引っ掛けられることができるより小さい魚のタイプを使用できる。 それらのにおいが水を通ってよりよく移動できるように切口を作ることを確かめなさい。

  1. 加工肉

ホットドッグは、処理された肉を餌として使用する場合に、おそらく最善の策です。 注意しなさい、ホットドッグは柔らかく、カニはトラップから容易にそれらを引き裂くことができる。 規則的なカニの漁師はほとんどの餌のタイプより安いのでホットドッグを選択する。 ホットドッグを使用することにしたら、より多くのカニを引き付けるためにカニのためのより小さい部分にそれらを切ることを確かめなさい。

  1. チキン肉

魚の代わりに新鮮な鶏肉の肉を使うと、おそらくより多くのお金を節約できるでしょう。 脚は頻繁に使用するべき最もよい部分であり、骨はそれを容易にするためにカニのためのより懸命に作る。 フィレットを使用する場合は、必ず小さい部分にカットしてください。

カニ釣りのトラップの種類

カニ釣りに欠かせないもう 1 つの道具は、よい罠です。 使用できるトラップにはさまざまな種類があり、収穫を計画している量に応じて、さまざまなサイズで提供されます。 カニのトラップは強度と素材が異なります。 以下のさまざまな種類のトラップを調べて、どのトラップがあなたのニーズに最も適しているかを確認してください。

  1. 手またはドロップライン

このタイプのトラップには、フックで計量されるトラップにロープが取り付けられています。 これにより、餌が表面に戻ってくるのを防ぎます。 青いカニは下の住人であるので、重くされたホックはベッドにできるだけ近い餌を保つのを助ける。

ロープを自分の近くにあるしっかりと固定された場所に固定して、ラインがあなたから引き抜かれないようにしてください。 特にトラップが通常の電流に対して弱いことを意味する場合は、重み付きの手線またはドロップ線を浅い水で使用するのが最適です。 水が穏やかなら、ベッドに餌を得るよりよいチャンスがある。

ラインがわずかに動くようになったらカニを捕まえたことを知っている。 線が動き始めたら、ゆっくりと手前に引きます。 ほとんどの場合、カニが餌にしがみつくことを見つける。 1 つをつかまえたら、それを近く引っ張り、すぐにカニの後ろのあなたの網を包む。 カニはすぐに動くので、できるだけ早く水からすくい出しなければなりません。

  1. ボックストラップ

魚釣り店では、カニ釣りで最も一般的なトラップの 1 つであるため、ボックストラップを見つけることができます。 これらは、カニを内側にトラップするのに効果的で、複数のカニを一度にボックスに入れることができます。 ほとんどのボックストラップは長方形の形で、すべての側面にはワイヤーで接続されたフラップがあります。 それらは容易にペットのための規則的なケージのように見える。

このメカニズムは非常に簡単に使用できます。 キャッチの準備をするときは、トラップの有線フラップがすべての側から開きます。 フラップにはひもや線が付いており、その上のリングが引かれたときに閉じた状態になっています。 餌をトラップの中央に置き、輪を引きながら、カニが餌を引っ掛け始めたら、内側に引っ掛けます。

  1. ピラミッドトラップ

このタイプのトラップは、 4 つの三角形のフラップと正方形のベースで構成されています。 各三角形はベースの片側に取り付けられています。 このメカニズムは、形状が異なる点を除き、ボックストラップのように機能します。 これらの種類のトラップは僅かなお金を要するかもしれないが、カニを捕獲することの最も有効な 1 つである。

  1. 商用トラップ

この種のトラップを使用するには、ライセンスが必要です。 大きいカニの釣会社はできるだけ多くのカニを収穫するのに商業トラップを利用する。 客室は広く、海には数日間放置されている。 大量の餌を保持でき、海や海のような大きな水域にも耐えることができます。

プライベートドックを所有している場合は、レジャーとビジネスの両方に商業トラップを使用できます。 それらは多くのお金を要するが、それらは多くの肉のカニをリターンで与える !

日本出身の他のカニ

日本は水に囲まれており、新鮮な魚介類が豊富に揃っている。 青いカニの他に、国に原産のすばらしい変化がある。 世界各国のシェフによって高く評価されている料理もあります。

  1. 雪が降る

この種類のカニは、非常に深い海で収穫されます。 脚に入ったおいしい肉が非常に貴重です。 卵の仙骨は、通常オレンジ色で、寿司として、または米と対になっています。

  1. 花崎クラブ

この日本のカニは、調理されると鮮やかな赤を与えます。 人々は甘い肉およびおいしい卵のためのカニを愛する。 北海道を訪れたことがあるなら、少なくとも1、2回は花崎かに挑戦してみてください!

  1. 日本のスパイダーマンクラブ

長い足、鋭い爪および名前によってだまされてはいけない ! 日本の多くの地域では、クモのカニはご馳走とみなされています。 しかし、クモの巣釣りが盛んになったことで、その数は大幅に減少しました。 これらのクモの蟹を試みるチャンスを得れば運にある !

コメントする