日本ではココだけ!?水の綺麗な石臼湖産の上海がにをリーズナブルに味わえる新世界菜館!

東京の神保町にある「新世界菜館」というお店に、上海がにを食べに行ってきました。
このお店は、上海がにずくしのコースがあるわけでもなく、上海がにがメインの料理が多い訳でもありません。

こちらで食べてみようと思った一番の理由は、上海がにの姿蒸しの値段がリーズナブルだったという理由につきます。

ただ、実際にお店に訪れて、スタッフの方にお話をお伺いすると、値段がリーズナブルな理由が聞けたりといろんな発見ができました。

足を運ぶということが大切だと感じた旅になりました。

上海カニみそとふかひれのうま煮

大きさは、ご飯の器より小さいと思います。

食感は、トロッとしたスープの中に、プチプチしたフカヒレが入っています。
味は、上海がにの味はダイレクトにはわかりませんでしたが、あっさりとしていて、旨みがあって美味しいです。

上海蟹雄雌食べ比べ

活きてる上海がにを見せていただきました。
スタッフの方にお話を聞くと、「新世界菜館」の上海がには、石臼湖産ということです。
石臼湖は、かの有名な陽澄湖に比べて遙かに水が綺麗なんだそうです。

また、リーズナブルな価格の理由は、グループ会社が現地で養殖しており、新鮮な上海がにが直送されるからだそうです。

さらに、通常上海がにと言えば、12月でシーズンが終わりますが、「新世界菜館」では、2月頃まで食べることができると言うことです。

せっかくなので雄雌食べ比べを注文しました。

見分け方は、体の大きさの大小もありますが、後ろのふんどし部分を見ると明らかで、左の丸い方がが雌で右の三角型の方が雄になります。

蒸し上がった上海がには、女性スタッフの方が食べやすいようにお皿に盛ってくれます。

手前は雌で赤い内子がたっぷりです。
見えにくいですが、後ろが雄で、こちらはかにミソがたっぷり。

イメージで例えると、内子がからすみで、ミソがウニのような感じです。

上海がにのかにミソは濃厚でコクがあり大変美味しいと思います。
しかも今回初めて知ったのが、上海がにの脂の存在で、かにミソよりもこってりとしていて、かなり濃厚です。

スタッフの方曰く、11月上旬という季節は、上海がに雄のミソと脂を両方味わえるとても良い時期だそうです。(※石臼湖産は水温が異なるため時期が違うかもしれません。)

ちなみに、11月から徐々にかにミソが少なくなり脂が増え、2月になると脂だけになるのだとか。

蟹味噌あんかけチャーハン

これは美味しいです。
上海がにの味がするかと言われるとわかりませんが、食べた後でもまた食べたくなるような旨みが口の中に残ります。

このチャーハンはオススメです!!

メニュー参考価格(2012/11)

・上海カニみそとふかひれのうま煮:1,600円
・上海がにの姿蒸し雄雌セット:4,500円
・蟹味噌あんかけチャーハン:2,500円(2人前)

新世界菜館

URL:http://www.sinsekai.com/
所在地:東京都千代田区神田神保町2-2 新世界ビル
営業時間(月~土曜):11:00a.m.~11:00p.m.
営業時間(日曜・祝日):11:00a.m.~9:00p.m.
定休日:無休(年末年始を除く)

かに旅レストランのレビュー。新世界レストラン編

こんにちは、かに旅さんの別のレビューへようこそ! 私たちは、あなたの究極の「カニ×旅」の旅サイトです。

お約束のように、カニに関する(旅と食を通しての)すべてがこのサイトにあります。カニについて、いつ、どこで、何を、どこで、最新情報をお届けします。このページでは、新世界飯店と上海名物の毛ガニについてご紹介します。

新世界レストラン

私たちの目的地に向かうのは難しいことではありませんでした。

レストランは東京の神保町にあります。それは千代田の都市のよく知られた地区です。古本のコレクションが無数にある書店、大手出版社、骨董品店、大手企業などが軒を連ねていることで有名です。言うまでもなく、賑やかな街である。

訪れたこの日は、そのすべてを楽しむことができました。第一印象は「まあまあ」。外から見ると、大したことはないが、それ自体はひどくはない。しかし、私たちは歓迎され、私たちのテーブルにエスコートされたように、我々は助けることができますが、上品なインテリアデザインに驚嘆することができます。このクラシックで伝統的なダイナーが品質を重視していることは、その場ですぐにわかりました。

私たちのテーブルに着くと、スタッフの真の心配りと温かい接客に感心しました。彼らは私たちが何を注文したいかをすでに知っていたが、彼らは十分に親切で、メニューを詳しく説明してくれた。結果的に、また、彼らの徹底した料理の説明のおかげで、私たちは最初に予定していたものよりも多く注文しました。

カニの注文が多かったこともあり、料理を待つのに時間はかかりませんでした。あるいは、シェフの素晴らしい料理の腕前が私たちを楽しませてくれたのかもしれない。キッチンには大きなガラスがあり、彼らの仕事ぶりを見ることができます。店内の装飾もさることながら、私たちが一番気に入ったのは雰囲気です。照明は、低めの照明とガーリッシュな照明がバランスよくミックスされています。お客さんが必要としていた親近感を与えながらも、他の人が見えるように十分な明るさを持っている。

彼らが提供するもの

この場所には数種類の料理しかありません。これは、おそらく、彼らは料理人がそれぞれの料理を習得し、完成されているように、彼らは私たちに高品質の料理を提供する理由です。今回はカニ料理に焦点を当ててみたいと思い、注文したのは以下の通り。

  • 上海蟹味噌とフカヒレの煮付け:1,600円
  • 上海ガニ蒸し男女セット ¥4,500
  • かにみそあんかけチャーハン:2,500円(2人前

メニューの詳細は下の写真をご覧ください。

評決

評価しています。5人中4.7人 

以下の理由から、ここを高く評価します。

  • 交通の便。彼らの場所に取得することは困難ではありません。
  • 設定。彼らの活気に満ちた、静かな設定は、真のクラシックなダイニング体験である彼らのテーマを強調しています。
  • 食べ物:食べ物は、より多くのので、味噌汁は、彼らの価格の価値があります。

コメントする